権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

投手や監督を錯覚させる キャンプのブルペンには落とし穴

公開日:

 監督や投手コーチを務めているとき、キャンプでなかなか調子の上がってこない投手に、私はよく「室内練習場で投げてきなさい」と指示を出した。1球投げては首をかしげているような選手に、これが効果的だった。

 キャンプ地のブルペンは、球団によって多少の違いはあれど、四方を3メートルほどの塀に囲まれ、投手と捕手の頭上には、雨をしのぐ屋根がついている。だから、音がよく響く。パーン! パーン! と小気味のいいキャッチャーミットの乾いた捕球音を聞いていると、投手は自分が素晴らしいボールを投げているものだと錯覚する。室内練習場だとさらにその効果が増すから、自信を取り戻させるひとつの方法論として使ったのだ。

■斜め横から見る意味

 そういう場所を使うキャンプの投球練習というのは、それだけアテにならないということでもある。一軍でも二軍でも、プロに入ってくるような投手はみな、ブルペンでは一級品。キャッチャー相手に投げるだけの練習では、当たり前だが、打たれる心配はない。ノンプレッシャーの中でいくらいい球を投げても、その投手の本当の実力を示すものではない。特にこの時期は、チャンスをつかもうと一軍での実績が乏しい若手ほど飛ばして投げるものだ。「今年はやりそうだぞ」と思っても、いざ、実戦が始まると、ストライクを取るのにも四苦八苦してしまうという例をこれまでに何度も見てきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る