• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

土俵下で審判を担当…貴乃花親方“ヒラで出直し”も再起不能

 平年寄に降格した貴乃花親方(45)が11日、取組編成会議に出席。13日の大相撲夏場所初日は土俵下で、序二段と十両などの審判を務めることになった。「以前にもやっていたし、つながりというか……」とは貴乃花親方。かつての自身と同じケガで7場所連続休場となった横綱稀勢の里には「治した方がいいし、焦らない方がいい」とエールを送った。

 昨年の日馬富士暴行事件以来、協会執行部に対して刃を向け続けてきた貴乃花親方のスタンスが急変したのは、弟子の付け人に対する暴行が発覚してから。内閣府への告発状を取り下げ、一兵卒として出直すと年寄総会で頭を垂れ、「貴乃花」という一門の看板さえ下ろすと言った。夏場所では土俵下でヒラの審判を務めることになり、現役横綱の窮地を憂うコメントまで出した。

「殊勝な言動によって反省しているとアピールすることで、虎視眈々と再起を図っている」とはある親方だが、時すでに遅し、だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  4. 4

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  5. 5

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

もっと見る