土俵下で審判を担当…貴乃花親方“ヒラで出直し”も再起不能

公開日: 更新日:

 平年寄に降格した貴乃花親方(45)が11日、取組編成会議に出席。13日の大相撲夏場所初日は土俵下で、序二段と十両などの審判を務めることになった。「以前にもやっていたし、つながりというか……」とは貴乃花親方。かつての自身と同じケガで7場所連続休場となった横綱稀勢の里には「治した方がいいし、焦らない方がいい」とエールを送った。

 昨年の日馬富士暴行事件以来、協会執行部に対して刃を向け続けてきた貴乃花親方のスタンスが急変したのは、弟子の付け人に対する暴行が発覚してから。内閣府への告発状を取り下げ、一兵卒として出直すと年寄総会で頭を垂れ、「貴乃花」という一門の看板さえ下ろすと言った。夏場所では土俵下でヒラの審判を務めることになり、現役横綱の窮地を憂うコメントまで出した。

「殊勝な言動によって反省しているとアピールすることで、虎視眈々と再起を図っている」とはある親方だが、時すでに遅し、だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  6. 6

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  7. 7

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  8. 8

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

  9. 9

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  10. 10

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

もっと見る