巨額年俸をJリーグが一部負担か イニエスタ神戸入りの裏側

公開日:

 イニエスタは3年契約といわれており、そうなると年俸総額は約100億円。「そんな大金を払って神戸はモトを取れるのか?」と余計な心配をしたくなるが、サッカー関係者が「こんな裏事情がある」と言う。

■DAZNがクレーム

「そもそも神戸のイニエスタ獲得には、Jに17年から10年総額2100億円の放映権料を払う動画配信サービス会社DAZNが関わっている。というのもDAZNは『巨額の放映権料を払っているのに魅力的な外国人選手がいない』と村井Jリーグチェアマンにクレームを入れている。そこで村井チェアマンが楽天の三木谷会長に泣き付き、ポドルスキ、イニエスタの獲得につながった。

 いずれにしてもイニエスタの年俸は、J神戸の運営会社だけでまかなえるレベルではなく、楽天本体や複数の関連会社が、広告関連の予算を組んで年俸を補填するといわれている。さらにはJリーグが負担するという話もある。Jリーグには『観客動員などプロモーション活動に関する特別予算』があり、それで一部を肩代わりするみたいです」(前出の関係者)

 記者会見で三木谷会長が「7400万ものSNSのフォロワー数を誇り、世界的に発信力と影響力のあるプレーヤーとして注目を集め続けています」とコメントしたが、楽天全体の広告塔として使い回せば「3年100億円」も安い買い物ということか――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る