山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

パ・リーグに感じる “メード・イン・ジャパン”の革新路線

公開日: 更新日:

今季の交流戦もセを圧倒

 今季のセ・パ交流戦も相変わらずパ・リーグが強い。個別の球団ごとに見ると、セ・リーグ最下位のヤクルトが交流戦では健闘していたり、パの最下位である楽天は交流戦でも同じく不調だったり、いろいろと注釈を付けたくなるものの、全体的にはパの野球がセを圧倒しているのはまちがいない。そして、そんなパ強セ弱の傾向は近年ずっと維持されたままだ。

 実際、パの野球を見ていると、セにはない迫力を感じる。とりわけ打撃陣がすごい。たとえば柳田悠岐の超人的な肉体と強烈なフルスイング、秋山翔吾の柔と剛、中村剛也と山川穂高の重厚感、吉田正尚や森友哉の小柄ながら豆タンクみたいな力強さ、そういう多士済々のスラッガーがパにはそろっていて、あきらかにセよりも人材が豊富な印象を受ける。あの中田翔も今やパの中では脇役感があるほどだ。

 さらに、そのスラッガーが日本人ばかりであることも見逃せない。今季ここまでの個人成績を見てみると、パの打率ランキングベスト10に入っているのは全員日本人選手(1位は柳田)で、本塁打数も上位10傑のうち7人が日本人(1位は山川)、打点数も上位7人まですべて日本人(1位は山川)である。普通、本塁打と打点といえば外国人打者のセールスポイントといったイメージがあるが、今季のパはそこすらもメード・イン・ジャパンが席巻している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  9. 9

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  10. 10

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る