「赤土の王者」健在 ナダルが全仏OP貫禄の2年連続11度目V

公開日: 更新日:

 テニスの全仏オープン(パリ)は10日、男子シングルス決勝を行い世界ランキング1位で第1シードのラファエル・ナダル(32=スペイン)が同8位で第7シードのドミニク・ティエム(24=オーストリア)をセットカウント3―0で下し、2年連続11度目の優勝。同一の4大大会で11度の優勝はオープン化以降、男女を通じて初の偉業である。ナダルは4大大会通算17度目のタイトルで、優勝賞金220万ユーロ(約2億8000万円)を手にした。

 クレーコートで抜群の強さを発揮することから「赤土の王者」の異名で知られるナダル。今季、クレーコートで唯一、土をつけられている若手のティエム相手に、序盤から安定したストロークを見せて圧倒。第3セットは第3ゲームでブレークに成功して、最後までつけ入る隙を与えずに、今季4勝目、通算79勝目を挙げた。

▽ナダルの話「強い相手にこんな勝ち方をするとは想像してなかった。間違いなく今大会のベストマッチだった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  5. 5

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  8. 8

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  9. 9

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  10. 10

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

もっと見る