ボクシング連盟山根会長をドンへと変えた日大との“深い縁”

公開日:  更新日:

■「アマボクシング界の天皇」のかばん持ち

 あるアマボクシング関係者は「そもそも山根会長は日大とは縁が深い」と、こう続ける。

「山根会長がドンと言われるまでになったのは、日大ボクシング部元総監督の故・川島五郎さんがきっかけです。川島さんはアトランタ五輪日本代表監督や日本ボクシング連盟の会長職を歴任し、『アマボクシング界の天皇』と呼ばれたほどの絶大な力を持っていた。山根会長は日大OBでもないのにこの川島さんにかばん持ちのごとく付き従い、それを後ろ盾に現在の地位を築いたのです。川島さんが存命時は、日大ボクシング部の合宿には必ずといっていいほど参加していた。連盟会長の座を川島さんから引き継いだ山根会長は、川島さんに名誉会長の座を用意するなど従順でした。相撲部監督だった田中理事長と懇意になったのも、川島さんを通じて日大幹部と仲を深めていったからです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る