DeNA東 史上初巨人戦4戦4勝より誇れる数字と強み

公開日: 更新日:

 巨人、中日、横浜(現DeNA)などで投手コーチを歴任した高橋善正氏(評論家)が、そのピッチングについてこう語る。

「東には150キロ以上の速球も、驚くほどの変化球もない。ここまでの成績は制球力がいいからです。今のプロ野球は相手チームの詳細なデータを持っている。例えば、投手は、対戦する打者について、どのコース、高さ、低さが強いか、弱いか、変化球のコース、高低打率も分かっている。東は針の穴を通すほどのコントロールはないものの、速球にはキレがある。スライダーやチェンジアップも悪くない。そのボールを、狙ったところへ7割以上、時には8割近い確率で投げられる。だから三振も多い(126)のです」

 さらに高橋氏はこう続ける。

「最近の投手は、捕手が内角にミットを構えても外角に投げてしまう、いわゆる逆球が多い。逆球は抜けたボールなので威力がない。当然、打者は打ちやすい。東のピッチングを見ていると、プロの投手は、コントロールとキレが一番大事ということを改めて感じますね」

 チームはBクラスが濃厚でも、170センチ左腕の小気味よい投球にファンは留飲が下がるに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る