未成年で飲酒3度 ベイ山本の球団処分に「軽すぎる」の声

公開日:

 連日、不祥事でにぎわうスポーツ界。体操のパワハラ問題が大々的に取り上げられる中、野球界でもひっそりと事件が起きていた。5位に低迷するDeNAだ。

 先月30日、ドラフト9位の新人捕手、山本祐大(19)が未成年ながら飲酒していたことが発覚したのだ。28日に外部からの情報提供があり、事情聴取。聞き取り調査の結果、4月から3回ほど飲酒したことが分かった。

 球団が山本に科したペナルティーは「厳重注意と今季終了までの外出禁止」。練習や試合には今まで通り出場できるという処分だった。発覚当時、山本は二軍。聞き取り調査を受けた29日には、横須賀でファームの公式戦に出場していた。

 これに「処分が軽すぎるのでは」という批判の声が少なくない。他球団の関係者が呆れ顔でこう言う。

「危機管理に対する考えが甘い。DeNAだからこんな軽い処分で済まされるのだろう。これが巨人や阪神だったらあり得ない話だ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る