DeNA東 史上初巨人戦4戦4勝より誇れる数字と強み

公開日: 更新日:

 スゴイのは「そこ」じゃない。

 DeNAのドラ1左腕・東克樹(22=立命大)が5日の巨人戦で6回6安打2失点8奪三振と好投。今季新人投手で2ケタ勝利一番乗りとなる10勝目(5敗)を挙げ、2リーグ制後のルーキーとしては1961年の権藤博氏(中日)を抜く、史上初の巨人戦初登板から4戦4勝とした。

「ルーキーで、2ケタ勝利で一つの壁を越えた。巨人は小さい頃からファンだった。勝ててうれしい」(東)

 この日は三回、岡本に逆転2ランを浴びるも、その後は1安打に抑え、打線の援護と救援陣の踏ん張りで「記録」を作った。新人で、巨人戦に初登板から4戦4勝は史上初とはいえ、今の巨人相手に4戦4勝といっても、胸を張れるものではないだろう。

 それより、ルーキーながら20試合の登板で10勝を挙げ、リーグ3位の防御率(2・65)の方が立派。新人王は当確だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  7. 7

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  8. 8

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  9. 9

    元WBO世界王座・山中竜也さん おにぎり界の王者を目指す

  10. 10

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

もっと見る