DeNA東 史上初巨人戦4戦4勝より誇れる数字と強み

公開日:

 スゴイのは「そこ」じゃない。

 DeNAのドラ1左腕・東克樹(22=立命大)が5日の巨人戦で6回6安打2失点8奪三振と好投。今季新人投手で2ケタ勝利一番乗りとなる10勝目(5敗)を挙げ、2リーグ制後のルーキーとしては1961年の権藤博氏(中日)を抜く、史上初の巨人戦初登板から4戦4勝とした。

「ルーキーで、2ケタ勝利で一つの壁を越えた。巨人は小さい頃からファンだった。勝ててうれしい」(東)

 この日は三回、岡本に逆転2ランを浴びるも、その後は1安打に抑え、打線の援護と救援陣の踏ん張りで「記録」を作った。新人で、巨人戦に初登板から4戦4勝は史上初とはいえ、今の巨人相手に4戦4勝といっても、胸を張れるものではないだろう。

 それより、ルーキーながら20試合の登板で10勝を挙げ、リーグ3位の防御率(2・65)の方が立派。新人王は当確だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る