DeNA東 史上初巨人戦4戦4勝より誇れる数字と強み

公開日: 更新日:

 スゴイのは「そこ」じゃない。

 DeNAのドラ1左腕・東克樹(22=立命大)が5日の巨人戦で6回6安打2失点8奪三振と好投。今季新人投手で2ケタ勝利一番乗りとなる10勝目(5敗)を挙げ、2リーグ制後のルーキーとしては1961年の権藤博氏(中日)を抜く、史上初の巨人戦初登板から4戦4勝とした。

「ルーキーで、2ケタ勝利で一つの壁を越えた。巨人は小さい頃からファンだった。勝ててうれしい」(東)

 この日は三回、岡本に逆転2ランを浴びるも、その後は1安打に抑え、打線の援護と救援陣の踏ん張りで「記録」を作った。新人で、巨人戦に初登板から4戦4勝は史上初とはいえ、今の巨人相手に4戦4勝といっても、胸を張れるものではないだろう。

 それより、ルーキーながら20試合の登板で10勝を挙げ、リーグ3位の防御率(2・65)の方が立派。新人王は当確だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  2. 2

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  3. 3

    親の介護のために定年退職後はアルバイトを続けてきたが…

  4. 4

    夫フジモンは男を上げる格好に「男は黙って離婚」が正解か

  5. 5

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    阿部慎之助はこうして高等技術「ツイスト打法」を会得した

  8. 8

    官僚のみなさん怒ったら? どこまでも上から目線の菅長官

  9. 9

    「私なら辞める」河井案里議員は自分の発言を忘れたのか?

  10. 10

    梅宮辰夫が役者になった目的4つ いい女を抱く、酒を飲む…

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る