鈴村裕輔
著者のコラム一覧
鈴村裕輔アメリカ野球愛好会副代表

1976年、東京都出身。法政大学博士(学術)。法政大学社会学部兼任講師。主な専門は政治史、比較思想。野球史研究家として日米の野球の研究にも従事しており、主著に「MLBが付けた日本人選手の値段」(講談社)がある。スポーツを取り巻く様々な出来事を社会、文化、政治などの多角的な視点から分析している。アメリカ野球学会会員。

ブッシュ元大統領が生涯大切にしたベーブ・ルースとの1枚

公開日:

 1989年から93年まで米国第41代大統領を務めたジョージ・ハーバート・ウォーカー・ブッシュが94歳で死去した。

「手堅いが面白みに欠ける」「よい副大統領だが大統領には向かない」といった世間の冷淡なまなざしに耐えつつ、東西冷戦の終結や湾岸戦争など世界史上の画期をなす出来事に取り組んだ姿勢は時が経つにつれて「党派の垣根を越えられた政治家」「ゆるぎない信念を持った大統領」といった評価をもたらした。

 上院議員の父を持ち、全米屈指の名門エール大学への進学が決まりながら、海軍に志願して航空部隊に配属され、2度の撃墜を経験した第2次世界大戦の英雄でもあったブッシュが、米国の頂点である大統領になるのは当然のことのように思われるかもしれない。

 だが、コネティカット州から選出された父にならって、テキサス州から連邦上院議会選挙に出馬したものの地縁がなかったため、対立陣営から「金で議席を買おうとしている」と非難されて2度にわたって落選。連邦下院議員を2期務めたことが示すように、政治家としての道のりは平坦ではなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る