都並敏史
著者のコラム一覧
都並敏史ブリオベッカ浦安TD

1961年8月14日、東京・世田谷区生まれ。読売クラブ/東京V、福岡、平塚(現・湘南)でプレー。98年に現役引退。東京Vコーチ、仙台、C大阪、横浜FCで監督を歴任。現在は関東リーグ1部・浦安のテクニカルディレクター兼守備コーチ。日本代表Aマッチ78試合出場2得点。

どんな状況下でも常にベストを尽くすのが信条

公開日: 更新日:

 関東1部・ブリオベッカ浦安を率いる都並敏史監督(57)にとって、今季2戦目となる13日の東京23FC戦(午後3時30分キックオフ)は、待ちに待った試合である。ホーム開幕戦を心待ちにしていた地元サポーターに「勝利をプレゼントしたい!」と意気込んでいるからだ。そんな都並監督に「10年ぶりの監督業」について聞いた――。

 ――チーム強化にテストマッチは欠かせません。相手は大学のサッカー部が多いようですが、1月に松本、2月にYSCC横浜、3月には栃木、柏とJクラブと対戦。関東リーグ所属のチームにしては恵まれています。

「栃木の田坂監督は平塚時代のチームメート。柏のネルシーニョ監督は東京V時代の監督。井原ヘッドコーチは日本代表で長く一緒にプレーした仲です。こうした〈ご縁〉を大事にしながら、頭を下げて試合をお願いしています。ウチはJ1から数えて<5部>リーグですからね。普通は“弱いチーム”とは対戦してくれません。感謝しています。手土産を持参することもあります(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  5. 5

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  6. 6

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る