競歩選手がコース変更直訴 東京五輪で死者出ると識者危惧

公開日: 更新日:

ボイコットのダメージ

 いや、競歩やマラソンに限らない。サッカー、テニス、ラグビー、ホッケーなど、炎天下を走り回る競技にしても同様で、危険極まりない。

 今更ではあるが、東京五輪の招致委員会は、五輪立候補ファイルで「(東京の8月は)温暖な気候でアスリートが最高のパフォーマンスを発揮できる」とアピールしたが、全く悪い冗談としか思えない。選手や観客から死者が出れば、世界を感動させるスポーツの祭典が大都会を舞台にした悲劇になる。

 さらにここにきて、東京五輪に新たな問題が浮上した。日本の輸出管理で優遇措置を適用する「ホワイト国」から除外された韓国は憤慨。東京五輪のボイコットをチラつかせ、すでに女子カーリングは韓国で開催されている日中韓親善大会で日本チームの招待を取り消し、男子バスケットボールも韓国チームが日本開催の親善試合への参加をキャンセルした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  3. 3

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  8. 8

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

  9. 9

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  10. 10

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る