復帰戦は4回途中4失点KO…巨人山口に今度は右肩痛疑惑が

公開日: 更新日:

 右肘周囲の筋肉の張りで登録を抹消されていた巨人山口俊(32)が12日、敵地・マツダスタジアムでの広島戦で復帰登板を果たした。

 初回に4点の援護をもらった山口はその裏、鈴木の適時打で1点を返され、三回に2点を追加してもらった直後にも松山の適時打で2失点。3点差に追い上げられた四回、広島のドラフト1位ルーキー小園に左中間二塁打を打たれ、4回途中4失点でKOとなった。

 セ球団のスコアラーがこう指摘する。

「いい時は直球が150キロを超えてくるが、この日は140キロ台。140キロ前後のものもあって明らかに勢いがなかった。得意とするフォークも、菊池、会沢、松山、小園に安打されるなど、いつもの落差、キレを欠いていました」

 前回登板した7月30日の2日後の1日に登録を抹消された。巨人のチーム関係者によれば、登板直後の検査で右肘の炎症が発見されたため、タイムラグが生じたそうだが、他球団の関係者は「もし、少し遅れて痛みが出たとしたら状態が悪いことが多く、良くない傾向。山口は横浜時代に右肩を痛めた経験がある。肘をかばって肩痛が再発という悪循環もよくある話」と言う。案の定、「もしかしたら無理して上がってきたんじゃないか」との声が広島の関係者から出た。首脳陣の山口評は「馬力がある」だ。2年前に飲酒暴行トラブルを起こし、今年こそはチームに貢献したいという思いが強い。多少の無理を承知で復帰を受け入れた可能性もあるというのだ。この日の投球はそう見られても仕方のない内容だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  7. 7

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  8. 8

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

もっと見る