阪神ソラーテはもう解雇…広島に聞く“優良助っ人”の作り方

公開日: 更新日:

 耳が痛いのは巨人も一緒だ。

 2005年にはクローザーとして期待されたミセリが4試合で防御率23・63の大不振。それでも「本人の同意なしに二軍に落とせない」という契約を理由にミセリが二軍落ちを拒否するなど、関係がもつれ、球団史上最速で4月19日に退団となった。直後に家族と浅草観光を楽しむオマケつきだった。同じ05年にはローズが弘田コーチに緩慢な守備をとがめられて激高。「ジャイアンツ大嫌い」と不満をブチまけて退団した。15年に途中加入したフランシスコは拙守と不振で出場はわずか5試合。二軍では練習拒否を繰り返すなど素行の悪さが問題となり、当時の原沢GMが引責辞任する事態に発展した。昨年はゲレーロが当時の高橋由伸監督との面談を拒否する騒動があった。

 最近になってようやく巨人も、質の高さ、外れの少なさは球界屈指といわれる広島に倣い、「性格重視」の方針を打ち出しているが、これは入り口に過ぎない。広島では、入団後はさらに球団の手厚いサポートが助っ人を支えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  3. 3

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

  9. 9

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  10. 10

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

もっと見る