安倍昌彦
著者のコラム一覧
安倍昌彦スポーツライター

1955年、宮城県生まれ。早大卒。アマ時代に捕手としてプレーした経験を生かし、ドラフト候補のボールを実際に受けて取材するスタイルを確立。通称「流しのブルペン捕手」。自身が責任編集を務める雑誌「野球人」を始め、著書、寄稿は多数。

打者の胸元あたりのスピードとホップ感でミットをはねた

公開日: 更新日:

西純矢(創志学園)

 この春、西純矢投手のボールを受けている。

 全力投球を30球から40球。捕球の瞬間、とんでもない破壊力が、こちらのミットに何度も炸裂した。

 力任せに、エイヤーッ!と投げ込んでくる印象だったから、140キロ台の剛球が勝手に滑ったり、ヒュッと動いたり沈んでみたり、そんな難しい回転のボールかと思っていたら、まるで逆だった。

■ヒザ下に突き刺さる高速変化

 きれいなバックスピンの猛烈なスピードのストレートだ。打者の胸元あたりのスピードと<ホップ感>がすごい。捕球したミットを、ボールが下からはね上げてくる。ちょっとでもミットの反応が遅れたら、もう間に合わない。

 スライダーとスプリットは、タテに落ちて、地面に突き刺さるような高速変化だ。構えたヒザから下に集まる。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  4. 4

    パナマ文書に義姉会社 加藤厚労相とベネッセ“奇怪な関係”

  5. 5

    東大が方針転換 英語民間試験に突き付けた「NO!」の波紋

  6. 6

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  7. 7

    日本はもはや国の体をなしていないことを実感した1カ月

  8. 8

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  9. 9

    渥美清<前編>“飴屋横丁”で働き身につけた寅さんの売り口上

  10. 10

    侍J主砲の広島・鈴木「今すぐメジャー挑戦」で年俸いくら

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る