元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

現地“知名度ゼロ”の南野 キルギス戦は「結果にこだわる」

公開日: 更新日:

「ホンダ(本田圭佑=フィテッセ)やカガワ(香川真司=サラゴサ)はいないのか」。キルギスの人々にとって日本のスター選手は依然として彼らのまま。今季欧州CL参戦中で欧州王者・リバプール相手にゴールを挙げた南野拓実(ザルツブルク)でさえ、知名度はまだまだ低い。2022年カタールW杯アジア2次予選突入後、3戦4発と気を吐く新エースは、果たして14日のキルギス戦でその名を轟かせることができるのか……。

 日本代表のビシュケク入りから1日が経過し、迎えた12日。現地は清々しい快晴に恵まれた。日中は気温10度を超えるが、朝晩は0度近くまで冷え込む。日本の1月頃の気候と言えば、分かりやすいかも知れない。

 キルギス人の生活を垣間見ようと市内最大の市場「オシュ・バザール」に出かけた。

 衣料品に始まり、穀物やスパイス類、パンや青果や精肉、鮮魚などを扱う店舗が所狭しと並ぶこの地には、平日の昼間にも関わらず、大勢の人々が集結していた。さすがは「ビシュケクの台所」と言われるだけの活気と熱気が感じられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

もっと見る