トランポリン森ひかる 五輪金メダルに「0.5点」上積み必要

公開日: 更新日:

 森ひかる(20)は昨年12月の世界選手権(有明体操競技場)で、男女通じて日本勢初の優勝を果たし、五輪代表に内定した。世界ランキングは3位につけており一躍、金メダル候補に浮上した。

 男子体操、新体操団体のメダル獲得が有力視される体操競技にあって、森はトランポリン期待の星だ。

 日本体操協会女子強化本部長で、所属する金沢学院大の丸山章子監督がこう言う。

「センスは抜群で、勘も鋭い。中学生で、すでに(難度の高い)3回宙返りをこなすなど、当時から天才と騒がれていました。今では高さも出るようになり、(減点対象となる着地点の)移動も少なくなり、実力は世界でもトップレベルだと思います。練習でも本番でも楽しそうに取り組んでおり、跳び上がることに喜びを覚えた幼少期の純粋な気持ちを持ち続けています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  2. 2

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  3. 3

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  6. 6

    元WBO世界王座・山中竜也さん おにぎり界の王者を目指す

  7. 7

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  8. 8

    渡部恒雄氏「バイデンはポピュリズムの熱狂を地道に冷ましていく」

  9. 9

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  10. 10

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

もっと見る