イチロー米野球殿堂入り確実も得票率は伸びそうにない根拠

公開日: 更新日:

 米国では“犯人捜し”すら行われている。元ヤンキース主将のデレク・ジーター(45)が、野球殿堂入りしながら満票ではなかったことが波紋を呼んでいるのだ。

 2014年にユニホームを脱いだジーターは資格1年目で順当に選出。事前の予想では昨年のマリアノ・リベラに次ぐ史上2人目の満票が確実視されたが、1人だけ投票しなかった全米野球記者協会(BBWAA)会員がいたため、得票率は99・7%だった。

 米野球殿堂はMLBで10年以上プレーした選手が、引退後5年を経過すれば対象となる。今回、ジーターは100%の得票率に届かなかったが、11日付のCBSスポーツ(電子版)は、将来的に満票での殿堂入りが予想される7人のうちの1人に、昨年3月の日本開幕戦を最後に引退したイチロー(46=現マリナーズ球団会長付特別補佐兼インストラクター)を挙げている。

 イチローが殿堂入り資格を得るのは2025年。10年連続200安打など、実績はケチのつけようがない。殿堂入りは確実視されるものの、米メディアの見込み通り、満票を得られるのか。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 2
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  3. 3
    ヒカルやオリラジ中田敦彦がソッポを向かれ始めた…“上から目線”YouTuberの曲がり角

    ヒカルやオリラジ中田敦彦がソッポを向かれ始めた…“上から目線”YouTuberの曲がり角

  4. 4
    新庄日本ハム今季5度目サヨナラ勝利、最多観客も素直に喜べず…清宮故障リタイアの痛恨

    新庄日本ハム今季5度目サヨナラ勝利、最多観客も素直に喜べず…清宮故障リタイアの痛恨

  5. 5
    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

  1. 6
    大谷翔平104年ぶり偉業の“お値段” 「来季年俸47億円+出来高ガッポリ」の仰天予想!

    大谷翔平104年ぶり偉業の“お値段” 「来季年俸47億円+出来高ガッポリ」の仰天予想!

  2. 7
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  3. 8
    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

  4. 9
    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

  5. 10
    ひろゆき氏の妻がガーシーから“宣戦布告”されるも…ちゃっかり自著宣伝のたくましさ

    ひろゆき氏の妻がガーシーから“宣戦布告”されるも…ちゃっかり自著宣伝のたくましさ