イチロー米野球殿堂入り確実も得票率は伸びそうにない根拠

公開日: 更新日:

 米国では“犯人捜し”すら行われている。元ヤンキース主将のデレク・ジーター(45)が、野球殿堂入りしながら満票ではなかったことが波紋を呼んでいるのだ。

 2014年にユニホームを脱いだジーターは資格1年目で順当に選出。事前の予想では昨年のマリアノ・リベラに次ぐ史上2人目の満票が確実視されたが、1人だけ投票しなかった全米野球記者協会(BBWAA)会員がいたため、得票率は99・7%だった。

 米野球殿堂はMLBで10年以上プレーした選手が、引退後5年を経過すれば対象となる。今回、ジーターは100%の得票率に届かなかったが、11日付のCBSスポーツ(電子版)は、将来的に満票での殿堂入りが予想される7人のうちの1人に、昨年3月の日本開幕戦を最後に引退したイチロー(46=現マリナーズ球団会長付特別補佐兼インストラクター)を挙げている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

もっと見る