イチロー米野球殿堂入り確実も得票率は伸びそうにない根拠

公開日: 更新日:

 米国では“犯人捜し”すら行われている。元ヤンキース主将のデレク・ジーター(45)が、野球殿堂入りしながら満票ではなかったことが波紋を呼んでいるのだ。

 2014年にユニホームを脱いだジーターは資格1年目で順当に選出。事前の予想では昨年のマリアノ・リベラに次ぐ史上2人目の満票が確実視されたが、1人だけ投票しなかった全米野球記者協会(BBWAA)会員がいたため、得票率は99・7%だった。

 米野球殿堂はMLBで10年以上プレーした選手が、引退後5年を経過すれば対象となる。今回、ジーターは100%の得票率に届かなかったが、11日付のCBSスポーツ(電子版)は、将来的に満票での殿堂入りが予想される7人のうちの1人に、昨年3月の日本開幕戦を最後に引退したイチロー(46=現マリナーズ球団会長付特別補佐兼インストラクター)を挙げている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  3. 3

    ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

  4. 4

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  5. 5

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  6. 6

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  7. 7

    検察官の定年延長は違法で違憲 法治国家否定の首相の暴論

  8. 8

    設楽vs大迫3.1東マラ対決 “五輪代表辞退”で勃発する大事件

  9. 9

    新型コロナ予防の盲点を医師解説 対策は手洗い以外も必要

  10. 10

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る