昌子の古巣G大阪入り秒読み 東京五輪OA枠候補も続々J復帰

公開日: 更新日:

 フランス1部トゥールーズ所属の日本代表DF昌子源(27)が<古巣のG大阪に完全移籍で復帰する>という報道が1月30日に流れ、これに対してサッカー界では「今年は東京五輪イヤー。昌子本人にとってもベストの選択」という反応が大勢を占めた。というのも昌子は、日本五輪代表を率いる指揮官・森保一監督(51)が期待を寄せている、年齢制限なしのオーバーエイジ(OA)枠の有力候補だからである。

 兵庫県出身の昌子は中学時代、G大阪のジュニアユースに所属して同期のMF宇佐美貴史(27)らとプレーしていた。

 しかし、チーム内の人間関係などでサッカーへの情熱を失い、中学3年春にはジュニアユースを退団。サッカーから完全に遠ざかってしまった。時には素行不良を繰り返して「中学3年の夏に朝帰りした源を問答無用でボコボコにした。親が本気で愛情を注いでいることを示すために必要と思った」と姫路独協大サッカー部監督の父・力さんは、日刊ゲンダイ紙上での連載(2017年9月15日付号)で述懐している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る