昌子の古巣G大阪入り秒読み 東京五輪OA枠候補も続々J復帰

公開日: 更新日:

 フランス1部トゥールーズ所属の日本代表DF昌子源(27)が<古巣のG大阪に完全移籍で復帰する>という報道が1月30日に流れ、これに対してサッカー界では「今年は東京五輪イヤー。昌子本人にとってもベストの選択」という反応が大勢を占めた。というのも昌子は、日本五輪代表を率いる指揮官・森保一監督(51)が期待を寄せている、年齢制限なしのオーバーエイジ(OA)枠の有力候補だからである。

 兵庫県出身の昌子は中学時代、G大阪のジュニアユースに所属して同期のMF宇佐美貴史(27)らとプレーしていた。

 しかし、チーム内の人間関係などでサッカーへの情熱を失い、中学3年春にはジュニアユースを退団。サッカーから完全に遠ざかってしまった。時には素行不良を繰り返して「中学3年の夏に朝帰りした源を問答無用でボコボコにした。親が本気で愛情を注いでいることを示すために必要と思った」と姫路独協大サッカー部監督の父・力さんは、日刊ゲンダイ紙上での連載(2017年9月15日付号)で述懐している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  9. 9

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  10. 10

    談志師匠から今度は「上納金」60万円催促の電話がかかり…

もっと見る