Jリーグが切望する18日再開の現実味 コロナ禍でNPBと連携

公開日: 更新日:

 Jリーグと日本野球機構(NPB)がタッグを組んだ「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第1回会合が3日にNPB事務局で行われ、終了後のメディア対応としてJリーグの村井満チェアマンが、日本サッカー協会(JFA)ビル内で記者会見を行った。

 国内2大スポーツ団体が「異例の協力体制を構築」(斉藤惇NPBコミッショナー)した対策会議の第1回会合では「現時点で陽性反応の出た選手、関係者はいない。どう備えるべきか? どう対処すべきか? といった部分を共有することができ、非常に有意義だった」と村井チェアマン。

 第2回会合は9日に開催される。12日にJリーグの実行委員会が予定されているため、「まずは12日をめどに(対策会議から)提言をいただけるとありがたい」(村井チェアマン)。Jリーグは15日までの公式戦延期を表明しているが、18日から「再開したいという意向を持っている」(放送関係者)ともっぱら。そのためにも実行委員会までに<世間が納得するだけのお墨付きを対策会議から出してほしい>というのがホンネだろう。

「Jリーグ側は、ルヴァン杯とJリーグの公式戦開催実績があり、プロ野球側には無観客試合を開催したというノウハウがある。速やかに平常開催をやりたい――と考えている両団体にとって、互いに欠けている部分を補完し合うというのは、非常に実効性のあることだと思います。ただし18日の再開は、コロナウイルス感染者の増加傾向に歯止めがかかっていない状況を考えると時間的なことも含め、かなり難しいと言わざるを得ません」(元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

  2. 2
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  3. 3
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  4. 4
    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

  5. 5
    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

  1. 6
    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

  2. 7
    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

  3. 8
    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

  4. 9
    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

  5. 10
    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に

    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に