広島森下にオリ勝俣…無観客で活躍するルーキー信用値せず

公開日: 更新日:

 今年は新人の当たり年といわれる。

 例えば広島ドラフト1位・森下(明大)は3試合11回に投げて2失点で、先発ローテ入りが当確とか。ソフトバンクの津森(東北福祉大)は3試合3回を無失点。中日の橋本(大商大)は2試合、岡野(東芝)は1試合に投げて無失点だ。3日には日本ハムの河野(JFE西日本)、鈴木(JX―ENEOS)、望月(創価大)、長谷川(BC・新潟)、立野(東海理化)が巨人打線を“完封”した。

 打ってはオリックスの勝俣(国際武道大)がすでに2本塁打。中日の郡司(慶大)もここまで5試合で7打数3安打の打率・429と気を吐いている。

 キャンプ中に騒がれたのは高卒ルーキーのロッテ・佐々木(大船渡)とヤクルト・奥川(星稜)だったが、実戦が始まると彼らに代わって大学や社会人出身の新人がスポーツマスコミを賑わせるようになった。もちろん、公式戦でも活躍する選手は中にはいるかもしれないが、「無観客の試合で結果を出しても、どこまでアテになるか……」と、ある球団の編成担当者がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  8. 8

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  9. 9

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  10. 10

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

もっと見る