広島森下にオリ勝俣…無観客で活躍するルーキー信用値せず

公開日: 更新日:

 今年は新人の当たり年といわれる。

 例えば広島ドラフト1位・森下(明大)は3試合11回に投げて2失点で、先発ローテ入りが当確とか。ソフトバンクの津森(東北福祉大)は3試合3回を無失点。中日の橋本(大商大)は2試合、岡野(東芝)は1試合に投げて無失点だ。3日には日本ハムの河野(JFE西日本)、鈴木(JX―ENEOS)、望月(創価大)、長谷川(BC・新潟)、立野(東海理化)が巨人打線を“完封”した。

 打ってはオリックスの勝俣(国際武道大)がすでに2本塁打。中日の郡司(慶大)もここまで5試合で7打数3安打の打率・429と気を吐いている。

 キャンプ中に騒がれたのは高卒ルーキーのロッテ・佐々木(大船渡)とヤクルト・奥川(星稜)だったが、実戦が始まると彼らに代わって大学や社会人出身の新人がスポーツマスコミを賑わせるようになった。もちろん、公式戦でも活躍する選手は中にはいるかもしれないが、「無観客の試合で結果を出しても、どこまでアテになるか……」と、ある球団の編成担当者がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  5. 5

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  6. 6

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    山梨県知事「五輪中止」発言 裏で糸引く二階幹事長の思惑

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る