ダルのサイ・ヤング賞を後押しするライバル右腕2人の失点

公開日: 更新日:

 カブスのダルビッシュ有(34)が15日(日本時間16日)のインディアンス戦に8勝目(2敗)をかけて登板。7回で今季最多となる9安打を許したものの、3失点と粘りの投球。勝利投手の権利を手にしたが、救援投手が打たれ、メジャー単独トップの8勝目は逃した。

 ダルは、リーグトップの勝ち星に加え、同2位の防御率1・77、同7位の奪三振72と、3部門で上位につけており(14日終了時)、サイ・ヤング賞(最優秀投手賞)の有力候補のひとりに挙がっている。

 ダルのライバルは、メッツのデグロム(9試合で4勝1敗、防御率1・67、79奪三振)、レッズのバウアー(9試合で4勝3敗、同1・71、83奪三振)の右腕2人。いずれもメジャーを代表する好投手とはいえ、この2人はマイナス材料を抱えている。

 デグロムは8月中盤に首を寝違えて1度、登板を回避した。バウアーは9試合の登板のうち、今季、特別ルールで実施されている七回制のダブルヘッダーに5試合も登板している。ダルはダブルヘッダー(8月29日のレッズ戦)に1試合登板しているものの、3人の中では唯一、ローテ通りにマウンドに上がっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  6. 6

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  7. 7

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

  10. 10

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

もっと見る