権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

DeNAの課題はバッテリー強化 三浦新監督こそうってつけだ

公開日: 更新日:

 原巨人、恐るるに足らず――。

 今回の日本シリーズを見て、セ・リーグの5球団も少しは目が覚めたかもしれない。今年のセのペナントレース。巨人が圧倒的な独走で制したとはいえ、その実力が抜きんでているようには見えなかった。際立ったのはむしろ、ディフェンス面から自滅した阪神を筆頭とする他5球団の不甲斐なさ。投手を含めた守りを整備すれば、来季はどこにでも優勝の可能性があるとみている。

 中でも、三浦大輔新監督(46)を迎えたDeNAに期待したい。もともと、攻撃力は巨人に比肩する。課題はバッテリーの強化とハッキリしている。三浦監督はうってつけである。

■突出した球がないのに172勝

 前身の横浜ベイスターズで4年間、同じ釜の飯を食った。私の監督1年目の1998年には、12勝7敗でチーム38年ぶりのリーグ優勝に貢献してくれた。私が絶大な信頼を置いた先発4本柱のひとりだったが、当時から直球のスピードは140キロそこそこ。突出した決め球もなかった。それでも、シュート、カーブ、スライダーと持ち球を根気強くコーナーに投げ分け、25年の現役生活で172勝を挙げた。勝負への執着心、根性で三浦を上回る投手を探すのは難しい。コーチ、監督時代に私が「内角を突け! 次も、次も!」とベンチからサインを送ると、平気な顔をして何球でも打者の懐をえぐったのは三浦だけだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る