DeNA助っ人10人全員不在で開幕…試される若手選手の本気度

公開日: 更新日:

 災い転じて福となればいいのだが……。

 助っ人10人全員来日未定、開幕不在という緊急事態に見舞われているDeNA。世界中で猛威を振るうコロナ禍でビザ取得ができず、来日のメドすら立たない状況だという。仮に日本に来られたとしても2週間の隔離期間を経て、二軍で調整をしなければならない。一軍合流時期はまさに「神のみぞ知る」といったところだ。

 三浦新監督は、昨季まで指揮を執っていたラミレス前監督のオフェンス重視から、ディフェンス重視のスモールベースボールに方針転換の真っ最中。そこにきて、2018、19年本塁打王のソトと昨季20本塁打のオースティンがいなければ、いよいよ打線が小粒になりかねない。投手陣だって勝利の方程式の一角を担っていたエスコバー不在は大きな痛手だ。

 三浦監督は「ポジティブに捉える。若手はチャンスだと前を向いてほしい」と話しているが、評論家の山崎裕之氏は「監督としてはそう言うしかないですからね」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  5. 5

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  6. 6

    竹野内豊「イチケイのカラス」“HEROっぽさ”こそ月9の狙い

  7. 7

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  8. 8

    都ファ議員ドタキャンは小池知事の圧力?出演予定者が明かす舞台裏

  9. 9

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  10. 10

    吉田羊が主演ドラマをハシゴ 密会報道から5年目の完全復活

もっと見る