青山・柴原組がマイアミOP優勝…大坂以上に“金”有望な根拠

公開日: 更新日:

 4日に行われたテニスのマイアミ・オープン女子ダブルス決勝で、青山修子(33)、柴原瑛菜(23)のペアが優勝。ヘイリー・カーター(米国)、ルイザ・ステファニ(ブラジル)組を6―2、7―5で下した。

 マイアミ・オープンは4大大会に次ぐ格付けの大会。出場選手はグランドスラムとほぼ同じような顔ぶれだけに、「自信になります」と青山が喜べば、柴原も「今季で一番の瞬間です」と話した。

 自己最高の世界ランク13位に浮上した2人の東京五輪への出場はほぼ確実だ。

「メダルの可能性を言うなら大坂なおみより高いかもしれません」と、スポーツライターの武田薫氏がこう言った。

「青山はテニス協会の土橋強化本部長の秘蔵っ子で、東京五輪の目玉。154センチと小柄ですが、コートがよく見えていて判断がいい。研究熱心だし、テニスをよく知っている選手です。柴原はアメリカ西海岸育ちで、ジュニアで活躍してUCLAに進学。協会の勧めもあって、東京五輪に向けて早々と日本国籍を選択しています。2人は今回がツアー通算6勝目で、今季3勝目。全豪オープンでは8強入りした実績もある。コンビがすっかり安定してきましたからね」

 テニスはゴルフと一緒で五輪よりツアーに軸足を置いている選手がほとんどだ。そんな中、柴原は子供の頃から五輪に出るのが夢だったという。だからこそ日本国籍を選択したのだろうし、そういった五輪に向けた意欲もあるいはプラスに作用するかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  4. 4

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  5. 5

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  6. 6

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

  9. 9

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

  10. 10

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

もっと見る