対立激化し脱退続々…欧州スーパーリーグ構想の落とし所

公開日: 更新日:

 欧州の12のメガクラブが創設した「欧州スーパーリーグ(SL)」が波紋を広げている。

 19日に英サッカー協会総帥のウィリアム王子が「ファンの(SLに対する)懸念を共有する」とツイッターに書き込み、欧州各国協会の上部団体UEFA(欧州サッカー連盟)は「断固阻止」を表明。欧州チャンピオンズリーグ(CL)準決勝(26日~)に勝ち残ったSL組のレアル・マドリード、マンチェスター・シティー、チェルシーの3チームについて「23日に開催される会議でCL追放が決まる」(UEFAメラー執行委員)とまで言い切った。

 すると20日、マンチェスター・シティーが正式に脱退を表明。続いてリバプール、アーセナル、トッテナムも脱退を発表するなど、プレミアリーグ6クラブのうち4つが脱退する事態に。チェルシーも離脱を希望していると報じられている。

 泥沼化必至の状況ではあるが、UEFAもSLも<共倒れ>だけは避けたい。そこで「CLがSLを取り込む格好で共存していく」(サッカー関係者)ともっぱらだ。

“3層構造”のピラミッド型CLとして運営か

 そもそも、CLには改革案があり、2024年から「参加チームを現状の32から36」として「総試合数を125から225」に増やす予定。しかし「欧州5大リーグ以外の競争力の低いチームも参入するので低レベルの試合が今以上に増える」ことが懸念されている。

 12のメガクラブ(1カ月後には15チームに増える)に実力派の5チームを加えた20チームによる「すべてハイレベルでスリリングな試合」を提供するSLが支持を集める可能性は高い。UEFAはSLと真っ向勝負を避け、うまく取り込んで共存する方が得策なのだ。

「UEFAはCLを<スーパー>と<レギュラー>の2クラスに分け、SLをCLの最上位リーグに位置付ける。SL以外の強豪が集まるレギュラークラスをCL2部リーグとし、さらに現行の欧州リーグ(EL)を3部リーグとする。【3層構造のピラミッド型CL】として運営される公算が大です」(前出の関係者)

 専門誌サッカーダイジェストで編集長を務めた六川亨氏がこう言う。

「これまでスーパーリーグ構想は何度も浮かんでは消えてきたが、現行CLとは別組織として並列開催されることはあり得ないし、お互いにいがみ合って共倒れすることも現実的ではない。今後は<共存>のために落としどころを探すことになるでしょう」

 今後の推移に注目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  3. 3

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  4. 4

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  5. 5

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  6. 6

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  9. 9

    ピーチ“マスク拒否男” 直撃取材の1週間後に飲食店で大暴れ

  10. 10

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

もっと見る