久保と岡崎は直接対決で先発落ち…リーガ終了後の出処進退

公開日: 更新日:

 新旧の日本代表選手がパッとしない。

 スペイン1部のヘタフェ(勝ち点31=15位)―ウエスカ(同27=降格圏内の19位)戦(日本時間25日午後9時開始)。日本代表MF久保建英(19)所属のヘタフェが、元日本代表FW岡崎慎司(35)のプレーするウエスカを2―0で破り、8試合ぶりの白星をゲットした。

 久保、岡崎ともに先発から外れ、ベンチ後方のスタンド選手エリアに座って戦況を見つめた。

 試合は前半20分、後半7分にヘタフェの背番号10・トルコ代表MFエネスがゴール。劣勢のウエスカは後半32分、5人目の交代選手としてFW岡崎を投入したが、ボールに絡むシーンも数えるほど。点取り屋としての役割は果たせなかった。

 この日、出番のなかった久保は今季終了後に①保有元レアル・マドリードに復帰②他クラブにレンタル継続③他クラブに完全移籍――という選択肢がある。地元紙が「レアルの選手2人がレンタル移籍している英プレミアの名門アーセナルが久保に興味を持っている」と報じたばかり。「可能性は低くない」とはあるサッカー関係者である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る