レアルvsチェルシー CL準決勝第1戦ドローにUEFA落胆のワケ

公開日: 更新日:

 スペインのレアル・マドリードとイングランドのチェルシーが対戦した欧州チャンピオンズリーグ(CL)準決勝の第1レグ(日本時間28日午前4時キックオフ)は前半14分、チェルシーMFプリシッチが先制弾。同29分に地元レアルのFWベンゼマが右足ボレーシュートを叩き込んで同点。

 後半もチェルシーが優勢に試合を進めてシュート12本(ゴール枠内5本)を放ったが、結局1-1のドロー決着となった。

 それにしてもCLを主催する欧州サッカー連盟(UEFA)は、レアルが<負けなかった>ことにガッカリだろう。サッカー界を揺るがした「欧州スーパーリーグ(SL)」を主導した<裏切り者たちの親分>が、レアルのぺレス会長だからである。

「UEFAの米びつたるCLに反旗を翻し、SLを独自運営しようと画策したぺレス会長だが、正式発表の3日後にはスペイン勢のレアル、バルセロナ以外の10チームが脱退を表明した。でもSL自体は完全に消滅したわけではない。レアルは新スタジアム建設のために巨額の融資を受け、バルサは1500億円の負債を抱えているといわれている。米国の投資ファンドから5000億円以上の資金調達を約束されているSLは、レアルとバルサにとって生命線と言っていい。今後もぺレス会長はSLをちらつかせてUEFAを揺さぶってくる。そのレアルにCLを制覇されることは、UEFAにしてみたら絶対に避けたい事態なのです」(サッカー関係者)

 第2レグは、同5月6日午前4時キックオフ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る