女子レスリング須崎優衣 世界女王は東京五輪金へ死角なし

公開日: 更新日:

須崎優衣(女子レスリング50キロ級・21歳)

 日本のお家芸にまたひとり、金メダル候補が加わった。

 須崎は4月の東京五輪アジア予選(カザフスタン・アルマトイ)で女子50キロ級を制し、日本協会が定めた選考基準を満たし、初の代表入りが内定した。

 日本オリンピック委員会が有望選手を集めて強化を図るJOCエリートアカデミー出身。幼少の頃から頭角を現し、安部学院高2年で全日本選抜選手権を制覇。初めて出場した翌2017年の世界選手権(パリ)では頂点に立った。高校生が世界女王になるのは02年ギリシャ大会での伊調馨(中京女子大付高=当時)以来の快挙だった。早大進学後は左肘靱帯断裂など度重なる故障に苦しんだが、19年12月の全日本選手権でライバルの入江ゆきを決勝で下して五輪アジア予選の出場権を勝ち取った。

「休まずに攻撃を仕掛け続けられるのが須崎の強みです。相手に反撃されても引かず、常に押し込んでいくスタイルで真っ向勝負もできる。高校生で世界チャンピオンになった頃は、まだ線の細さは否めませんでしたが、大学進学後は海外勢と比べても見劣りしない体つきになりました。故障以外では、彼女に死角は見当たりません」(スポーツライター・横森綾氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る