羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

笹生メジャーV タフな舞台で光ったパワフル縦振りスイング

公開日: 更新日:

「全米女子オープン」は、笹生優花畑岡奈紗の2人がともにメジャー初優勝をかけてプレーオフを戦うという日本のゴルフファンには最高の展開になりました。

 笹生が19歳351日の大会最年少記録で制しましたが、メジャー特有の難設定会場もドライバー飛距離というポテンシャルがあったからうまく対応できたといえます。

 深いラフではスイング軌道がインサイドから下りてくる横振りでは芝の抵抗も強くボールにうまくコンタクトできません。

 笹生のヘッドが走る縦振りスイングなら米国特有の粘りのある芝にも負けず、フェースコントロールが可能になりうまく打ち出すことができます。ロブショットのように上からヘッドを入れたらボールを浮かせて、ふわっとやわらかいボールでグリーンに止めることもできます。

 変則開催になった昨年12月の前回大会の教訓も生きたはずです。笹生は2日目が終わって6位と好位置につけて、3日目にパットのミスからスコアを崩しました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  2. 2

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  3. 3

    下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由

  4. 4

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  5. 5

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  6. 6

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  9. 9

    「孤独のグルメ」超人気を支える主演・松重豊の人柄と気合

  10. 10

    キムタク海外ドラマ進出も喜べない裏事情 よぎる山Pの失敗

もっと見る