宮崎紘一
著者のコラム一覧
宮崎紘一ゴルフジャーナリスト

メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

公開日: 更新日:

 試合形式は同じだが、まったく違うゲームとしか思えない。

 イングランドのマシュー・フィッツパトリックがメジャー初優勝を遂げた「全米オープン」と日本ツアーとの比較である。

 コースの難度度、出場選手の研ぎ澄まされた高度な技術、タフなメンタル、ひたむきな闘争心など、日本ツアーのどこを比べても異次元の世界だ。

 メジャーには日本勢7選手が出場して決勝に残ったのは4位フィニッシュの松山英樹ひとりだけ。小平智5オーバー、星野陸也とアマの中島啓太は8オーバー、出水田大二郎10オーバー、杉山知靖12オーバー、香妻陣一朗13オーバーと6選手は予選落ちだった。

 会場の「ザ・カントリークラブ」は140年も昔の1882年に造られ、大会主催の全米ゴルフ協会(USGA)創立に貢献した米国最古の名門コースだ。

 英国人のウィリー・デービスが設計し、スコットランドのリンクスを基調としている。ゴルフの原点は、雨や風の気候条件に加え、自然の地形への挑戦である。コースを克服するには、正確なショット、卓越したショートゲーム、スロープやマウンドを計算し、絶妙なタッチと距離感のパッティングが要求される。全知全能を傾けるのがゴルフであり、その究極のステージが「全米オープン」なのだ。だから世界中のゴルファーが挑戦し、頂点に立てば315万ドル(約4億2500万円)の破格賞金と、歴史に残る名声が得られる。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず