著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

南アW杯に行きたくて「ボールを全部よこせ」と内田篤人に言った…当時のチーム内に溢れ出ていたギラギラ感

公開日: 更新日:

 中田英寿、闘莉王、本田圭佑ら歴代の日本代表には、自分流のスタイルを貫く選手がいた。希代のテクニシャンである松井大輔も、時にエゴイストになるところがあった。「チームの戦い方の大枠は監督が決めますけど、サッカーは選手ありき。その中ですり合わせていくべき。自分の意見を主張することも大事だと僕は思います」と語る男のフットボーラーとしての矜持とは──。

  ◇  ◇  ◇

 松井が「我を通すタイプ」と痛感させられたのが、2009年6月の豪州戦だった。直前のウズベキスタン戦で日本は10年南アフリカW杯出場権を獲得したため、この試合は消化試合となった。

 中村俊輔横浜FCコーチ)、遠藤保仁(G大阪コーチ)といった主力は遠征帯同を免除。ベンチ外だった松井に先発の機会が巡ってきたのだ。

「南アにどうしても行きたかった僕にとっては大きなチャンス。ボールを持ったら自分でドリブルを仕掛けてアピールしたかった。そこで後ろ(の右SB)にいたウッチー(内田篤人=JFAロールモデルコーチ)に『上がってくるな!』『ボールを全部俺によこせ!』と言いましたね。(長友)佑都(FC東京)と左サイドでタテ関係になった時も、同じようなことがあったかな。とにかく自分の突破力でチームを勝たせたかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  2. 2

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  3. 3

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 4

    竹内涼真“完全復活”の裏に元カノ吉谷彩子の幸せな新婚生活…「ブラックペアン2」でも存在感

  5. 5

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  1. 6

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7

    二宮和也&山田涼介「身長活かした演技」大好評…その一方で木村拓哉“サバ読み疑惑”再燃

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  5. 10

    岩永洋昭の「純烈」脱退は苛烈スケジュールにあり “不仲”ではないと言い切れる