「インフェルノ(上・下)」ダン・ブラウン著、越前敏弥訳

公開日:  更新日:

■美女との手に汗握る逃避行

「ダ・ヴィンチ・コード」でお馴染みの宗教象徴学者ラングドン・シリーズの第4弾。物語は頭に傷を負ったラングドンがフィレンツェの病院のベッドで目覚める場面から始まる。

 2日前にはハーバードにいたのに、なぜこの地にいるのか。記憶が全くない。混乱する中、突然銃を持った女が現れた。辛くも命拾いしたラングドンは、女医シエナ・ブルックスの助けを借りて病院を抜け出す。ラングドンの上着の隠しポケットにはバイオハザードの危険を示すマークが付く容器があり、中にはボッティチェリがダンテの「神曲」に出てくる地獄を描いた「地獄の見取り図」があった。どうやら「神曲」が謎の鍵を握っているようだ。謎を解くべく、ラングドンとシエナはフィレンツェ、ベネチア、イスタンブールへと導かれていく。

 美女との手に汗握る逃避行、スリルあふれるタイムリミット・アクション、美術・文学の蘊蓄(うんちく)、観光地の詳細な紹介等、ブラウン作品には定番の要素を盛り込みながら、人口爆発の悪夢的な解決法という重い問題に挑んだ、シリーズ最新作。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る