「インフェルノ(上・下)」ダン・ブラウン著、越前敏弥訳

公開日: 更新日:

■美女との手に汗握る逃避行

「ダ・ヴィンチ・コード」でお馴染みの宗教象徴学者ラングドン・シリーズの第4弾。物語は頭に傷を負ったラングドンがフィレンツェの病院のベッドで目覚める場面から始まる。

 2日前にはハーバードにいたのに、なぜこの地にいるのか。記憶が全くない。混乱する中、突然銃を持った女が現れた。辛くも命拾いしたラングドンは、女医シエナ・ブルックスの助けを借りて病院を抜け出す。ラングドンの上着の隠しポケットにはバイオハザードの危険を示すマークが付く容器があり、中にはボッティチェリがダンテの「神曲」に出てくる地獄を描いた「地獄の見取り図」があった。どうやら「神曲」が謎の鍵を握っているようだ。謎を解くべく、ラングドンとシエナはフィレンツェ、ベネチア、イスタンブールへと導かれていく。

 美女との手に汗握る逃避行、スリルあふれるタイムリミット・アクション、美術・文学の蘊蓄(うんちく)、観光地の詳細な紹介等、ブラウン作品には定番の要素を盛り込みながら、人口爆発の悪夢的な解決法という重い問題に挑んだ、シリーズ最新作。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  2. 2

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  3. 3

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  4. 4

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  5. 5

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  6. 6

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  7. 7

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  8. 8

    戦略的投票で改憲勢力3分の2を阻止 国の命運握る17選挙区

  9. 9

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  10. 10

    闇営業で宮迫博之が消えたら後釜に座りそうな芸人は誰か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る