「インフェルノ(上・下)」ダン・ブラウン著、越前敏弥訳

公開日: 更新日:

■美女との手に汗握る逃避行

「ダ・ヴィンチ・コード」でお馴染みの宗教象徴学者ラングドン・シリーズの第4弾。物語は頭に傷を負ったラングドンがフィレンツェの病院のベッドで目覚める場面から始まる。

 2日前にはハーバードにいたのに、なぜこの地にいるのか。記憶が全くない。混乱する中、突然銃を持った女が現れた。辛くも命拾いしたラングドンは、女医シエナ・ブルックスの助けを借りて病院を抜け出す。ラングドンの上着の隠しポケットにはバイオハザードの危険を示すマークが付く容器があり、中にはボッティチェリがダンテの「神曲」に出てくる地獄を描いた「地獄の見取り図」があった。どうやら「神曲」が謎の鍵を握っているようだ。謎を解くべく、ラングドンとシエナはフィレンツェ、ベネチア、イスタンブールへと導かれていく。

 美女との手に汗握る逃避行、スリルあふれるタイムリミット・アクション、美術・文学の蘊蓄(うんちく)、観光地の詳細な紹介等、ブラウン作品には定番の要素を盛り込みながら、人口爆発の悪夢的な解決法という重い問題に挑んだ、シリーズ最新作。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  6. 6

    玉川徹だけじゃない コロナ報道で“的を得ている”2人の名前

  7. 7

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  8. 8

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  9. 9

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

  10. 10

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

もっと見る