「秘密保護法は何をねらうか」清水雅彦、臺宏士、半田滋著

公開日:  更新日:

■憲法学者と新聞記者らで問題点を平易に指摘

 秘密保護法は防衛、外交、特定有害活動(スパイなど)の防止、テロの防止――の4分野の中で、公になっていないもののうち国の安全保障に著しい支障を与えるおそれがあるために特に秘匿が必要なものを「特定秘密」と指定するもの。

 指定者は閣僚ら行政機関の長。指定期間は1回につき最長5年だが再指定可能で、合計30年を超えるときに初めて内閣の承認を得なければならない。ただし承認が得られればさらに秘密指定が続き、「永久秘」とすることも可能だ。

 福島県議会は昨年10月、法案への慎重な対応を求める意見書を全会一致で可決した。たとえば原発事故による汚染情報が、核施設に対するテロの防止という観点から特定秘密に指定される可能性がある、というのだ。実にもっともな心配だが、これに対する政府の見解は日によって言うことがコロコロ変わるお粗末なもの。要は閣議決定の直前になっても具体的なことは何も決まってなかったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る