「秘密保護法は何をねらうか」清水雅彦、臺宏士、半田滋著

公開日: 更新日:

■憲法学者と新聞記者らで問題点を平易に指摘

 秘密保護法は防衛、外交、特定有害活動(スパイなど)の防止、テロの防止――の4分野の中で、公になっていないもののうち国の安全保障に著しい支障を与えるおそれがあるために特に秘匿が必要なものを「特定秘密」と指定するもの。

 指定者は閣僚ら行政機関の長。指定期間は1回につき最長5年だが再指定可能で、合計30年を超えるときに初めて内閣の承認を得なければならない。ただし承認が得られればさらに秘密指定が続き、「永久秘」とすることも可能だ。

 福島県議会は昨年10月、法案への慎重な対応を求める意見書を全会一致で可決した。たとえば原発事故による汚染情報が、核施設に対するテロの防止という観点から特定秘密に指定される可能性がある、というのだ。実にもっともな心配だが、これに対する政府の見解は日によって言うことがコロコロ変わるお粗末なもの。要は閣議決定の直前になっても具体的なことは何も決まってなかったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  5. 5

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  6. 6

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  7. 7

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  8. 8

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  9. 9

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

  10. 10

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る