「新国立競技場、何が問題か」槇文彦、大野秀敏編著

公開日: 更新日:

■8万人もの観客を収容する巨大施設は必要なのか

 2020年に開催される東京オリンピック。そのメーン会場として神宮外苑に新国立競技場が建て替えられることとなっているが、法外な工事見積もり費用が提示されるなど、さまざまな問題が取り沙汰されてきた。

 槇文彦・大野秀敏編著「新国立競技場、何が問題か」(平凡社 1400円)では、2013年10月に行われたシンポジウムをもとに、東京体育館などを手掛けた槇文彦氏を中心とする建築家らが、新施設建て替えの問題点を明らかにしている。

 日本スポーツ振興センター主催の国際デザインコンペを経て、イラク出身の建築家であるザハ・ハディド氏の案が選ばれた新国立競技場。しかし、このコンペ自体に大きな問題があったと本書。まず、総床面積が29万平方メートルと、国立代々木競技場の8倍という巨大さだが、これは建築家の考えではなく、コンペの募集要項で最初から8万人の観客を収容する全天候式の施設が要求されていたという。コンサートなど文化的行為の活用を視野に入れたものといわれているが、8万人もの観客を動員し得るイベントがそれほどあるものなのか。そして、この巨大施設を維持していくためのエネルギーや人件費について、都民に対する説明責任が果たされていないことも問題だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  7. 7

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る

人気キーワード