• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「新国立競技場、何が問題か」槇文彦、大野秀敏編著

■8万人もの観客を収容する巨大施設は必要なのか

 2020年に開催される東京オリンピック。そのメーン会場として神宮外苑に新国立競技場が建て替えられることとなっているが、法外な工事見積もり費用が提示されるなど、さまざまな問題が取り沙汰されてきた。

 槇文彦・大野秀敏編著「新国立競技場、何が問題か」(平凡社 1400円)では、2013年10月に行われたシンポジウムをもとに、東京体育館などを手掛けた槇文彦氏を中心とする建築家らが、新施設建て替えの問題点を明らかにしている。

 日本スポーツ振興センター主催の国際デザインコンペを経て、イラク出身の建築家であるザハ・ハディド氏の案が選ばれた新国立競技場。しかし、このコンペ自体に大きな問題があったと本書。まず、総床面積が29万平方メートルと、国立代々木競技場の8倍という巨大さだが、これは建築家の考えではなく、コンペの募集要項で最初から8万人の観客を収容する全天候式の施設が要求されていたという。コンサートなど文化的行為の活用を視野に入れたものといわれているが、8万人もの観客を動員し得るイベントがそれほどあるものなのか。そして、この巨大施設を維持していくためのエネルギーや人件費について、都民に対する説明責任が果たされていないことも問題だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

もっと見る