街歩き歴30年 作家・川本三郎氏の「東京文芸散歩」

公開日: 更新日:

■四谷・飯田橋

 島田荘司著「火刑都市」(講談社 648円)は東京論を踏まえて描かれた珍しいミステリー。時は82年。四谷の雑居ビルで火事が起こった。焼死体の男性には恋人がいたというが、姿を消している。徹底して足を使う刑事が東京散策者となって謎の女を追う。

「今は面影がないですが、昔は東京は水の都だったんですね。ところが、川や掘割が埋められ、30年前には飯田橋駅に沿ってあった『飯田堀』も埋め立てられ、陸の東京になった。犯人を追う過程でそんな都市の歴史や、東京が東亰と呼ばれていた理由などにも触れていますので、読んでから街を歩くと、ここに堀があって水が湛えられていたのかなど、水の都を感じられると思います。また、地方出身の目に映る東京も描かれています。上京者が感じた“東京”に共感する人も多いのではないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  4. 4

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る

人気キーワード