街歩き歴30年 作家・川本三郎氏の「東京文芸散歩」

公開日: 更新日:

 新宿が舞台といえば、新宿警察署の一匹狼的刑事・鮫島が主人公の大沢在昌著「新宿鮫」(光文社 590円~。現在はシリーズ10まで刊行)も忘れてはならない。

「シリーズ2の『毒猿』が発表された91年は都庁舎が完成した年であり、そのきらびやかなビルの裾野に広がる雑踏のような歌舞伎町が舞台です。台湾閣という建物を死闘の場として登場させているのですが、これは新宿御苑の中に実在。昭和天皇の成婚祝いに台湾人が贈ったという歴史があることを、私はこの本で初めて知りました」

 いずれも犯罪と都市の関わりを描いた興味深い作品だ。

■渋谷

 1960年代前半、東京五輪を間近にした渋谷を舞台に描いた青春小説が荒木一郎著「ありんこアフター・ダーク」(小学館 690円)だ。

「ありんことは当時、渋谷の道玄坂にあったジャズ喫茶で、ここに通い、町を『学校』にしている主人公・僕の目に映る渋谷がイキイキと描かれています。今は失われた東京の町を走る都電、恋文横丁、映画館のパンテオンなども懐かしい。さながら東京の町が裏の主人公といった感じですね。また63年当時は学校教育と別に、独自にジャズやファッションなどを楽しむ“不良”が輝いていた時代でもあり、そこも読みどころのひとつです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  4. 4

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る

人気キーワード