「猫的感覚」ジョン・ブラッドショー著 羽田詩津子訳

公開日:  更新日:

 人間にとって身近な存在でありながら、ミステリアスな側面を持っている「猫」。感情をあらわにせず、人に忠誠心を見せない気まぐれな動物は、何を感じ、何を考えて行動しているのか。本書は、英国の動物学者である著者が、人と共存するようになった猫の心理と未来を解き明かした一冊だ。

 人との出合いは今から1万年前。穀物を狙うネズミの駆除役を期待されてのことだ。古代エジプトではペットとして扱われたが、中世ヨーロッパでは教会が猫を敵対視した歴史もあった。今や、ネズミ狩りも爪とぎも嫌われ、運が悪ければ飼い主の都合で気の合わない去勢猫同士が狭い縄張り内で同居する羽目にも陥る。実験によれば生後3週間までの育て方でどんな猫になるかは決まってしまうという。ペットとして去勢され子孫を残せない猫と、人間を信用しない野生の猫に分化した結果、今後最も繁殖するのは人間に慣れない野生の猫だという著者の指摘には考えさせられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る