「18歳の著作権入門」福井健策著

公開日:  更新日:

 デジタル時代を生きる若者たちに向けて書かれた著作権の教科書。

 情報は、著作物とそうでないものに二分され、著作物には著作権法という法律が働き、著作権が生まれる。では、著作権とそうでないものの違いは何か。さらに「私に無断でコピーするな」という「複製権」やネットへのアップロードも含まれる「公衆送信権」など11種類もある著作権の内訳まで。その基礎知識から、どの程度似ていれば著作権(翻案権)侵害になるのか、「パクリとセーフの境界」や、「私的使用のための複製」でできることとできないこと、そしてソーシャルメディア利用時の著作権上の注意点まで。実際のトラブル例などを参照しながら解説。

(筑摩書房 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    森友裁判で新展開 近畿財務局の前総務部長が法廷で証言へ

もっと見る