なぜ、企業は労働者を酷使するのか

公開日: 更新日:

 そうした定義を受け入れると、いまの世界や日本で起きていることがよく見えてくる。例えば、企業がなぜ労働者を奴隷のように酷使するのか。なぜ、不要になったら、無情に切り捨てるのか。それは、資本が自己増殖するためだ。自己増殖のためには、労働者は金儲けの道具に過ぎなくなっている。そして、増殖した資本は金融資本となって暴れまわり、バブルを引き起こしていく。著者の目には、アベノミクスによる株高も完全なバブルと映るのだ。

 資本の論理に振り回されるようになった日本の未来を明るくするためには、どうしたらよいのか。著者の主張は、資本に政府の規制をかけ、日本的福祉社会をつくることだという。私は著者と意見が一緒ではないが、ここに書かれていることの9割に同意できる。そして、この本を過半の国民が読んでくれれば、日本の経済社会は、正しい方向に進路を転換できるだろう。

 ただ、残念ながら、そうはならないと思う。いまの出版界では、恐怖をあおったり、実利を示したり、センセーションがなければ売れないからだ。2400円という定価は、出版社自身が低部数を予測していることを意味する。もちろん、私は、自分の予測が外れることを心から願っている。★★★(選者・森永卓郎)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  5. 5

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  8. 8

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  9. 9

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

  10. 10

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る