「ヒーローたちの戦いは報われたか」鈴木美潮著

公開日: 更新日:

 日本のテレビの特撮ヒーロー番組は「月光仮面」に始まる。当時のテレビ映画はすべてアメリカの輸入作品で、支払いもドル。そこで、外貨流出を食い止めるために低予算の国産ドラマが作られることになった。正義の味方、月光仮面のキャッチフレーズは「憎むな、殺すな、赦しましょう」だった。後のウルトラマンは事情がある怪獣は宇宙へ帰してやった。仮面ライダーが怪人を殴るときには拳の痛みが伝わってきた。昭和のヒーローの作り手たちは第2次大戦を経験していたことから、〈非戦〉の願いを込めていたのだ。

 ヒーロー番組を現実世界との相関という視点から読み解いた、スルドイ一冊。(集英社 1389円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  4. 4

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  5. 5

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

  9. 9

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る

人気キーワード