• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ヒーローたちの戦いは報われたか」鈴木美潮著

 日本のテレビの特撮ヒーロー番組は「月光仮面」に始まる。当時のテレビ映画はすべてアメリカの輸入作品で、支払いもドル。そこで、外貨流出を食い止めるために低予算の国産ドラマが作られることになった。正義の味方、月光仮面のキャッチフレーズは「憎むな、殺すな、赦しましょう」だった。後のウルトラマンは事情がある怪獣は宇宙へ帰してやった。仮面ライダーが怪人を殴るときには拳の痛みが伝わってきた。昭和のヒーローの作り手たちは第2次大戦を経験していたことから、〈非戦〉の願いを込めていたのだ。

 ヒーロー番組を現実世界との相関という視点から読み解いた、スルドイ一冊。(集英社 1389円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

もっと見る