「横濱王」永井紗耶子著

公開日:  更新日:

 昭和13年、瀬田修司は、横浜のキングと呼ばれた大実業家、原三溪の情報を集めていた。三溪の醜聞をつかみ、それを取引材料にして自分のビジネスに出資させようとしたのだ。

 関東大震災でたった一人の家族だった妹を失い、港で荷役作業をしていた修司は、中国で麻薬の取引をしていた人物に拾われ、青年実業家となって横浜に戻ってきた。やがて、電力王、松永安左エ門の計らいで、三溪との面会が実現する。茶室で対峙した三溪は修司に「他の誰でもなく、己の王になりなさい」と諭す。実は修司はかつて三溪と出会ったことがあった。

 横濱王と呼ばれた男をモデルに繰り広げられる長編小説。(小学館 1500円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る