「横濱王」永井紗耶子著

公開日:  更新日:

 昭和13年、瀬田修司は、横浜のキングと呼ばれた大実業家、原三溪の情報を集めていた。三溪の醜聞をつかみ、それを取引材料にして自分のビジネスに出資させようとしたのだ。

 関東大震災でたった一人の家族だった妹を失い、港で荷役作業をしていた修司は、中国で麻薬の取引をしていた人物に拾われ、青年実業家となって横浜に戻ってきた。やがて、電力王、松永安左エ門の計らいで、三溪との面会が実現する。茶室で対峙した三溪は修司に「他の誰でもなく、己の王になりなさい」と諭す。実は修司はかつて三溪と出会ったことがあった。

 横濱王と呼ばれた男をモデルに繰り広げられる長編小説。(小学館 1500円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る