「真珠のボタン」が意味する歴史の悲劇

公開日:  更新日:

 何の予備知識もないまま映画館に入って、場内の明かりが消えたとたん、ふと予感にみちた胸の高鳴りを覚えることがある。

 そんな忘れてひさしい歓喜をいま味わわせてくれるのが、現在都内で2本立て公開中のドキュメンタリー作品「光のノスタルジア」と「真珠のボタン」だ。

 南米チリのアンデス山麓にあるアタカマ砂漠は世界中の天文学者に仰がれる天体観測の聖地。その神秘的な眺めから始まる「光――」は、まるで自然科学の記録映画のよう。

 他方「真珠――」も西パタゴニアの美しい海景から始まり、流麗な水の流れに目がうるおうのを覚える。

 ところが両作品ともなめらかな語り口に導かれるまま、ふと気づくと話はかつての悪名高いピノチェト独裁政権による虐殺と弾圧の故事になり、また先住民制圧の暴力的な歴史が描かれるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る