「真珠のボタン」が意味する歴史の悲劇

公開日:  更新日:

 何の予備知識もないまま映画館に入って、場内の明かりが消えたとたん、ふと予感にみちた胸の高鳴りを覚えることがある。

 そんな忘れてひさしい歓喜をいま味わわせてくれるのが、現在都内で2本立て公開中のドキュメンタリー作品「光のノスタルジア」と「真珠のボタン」だ。

 南米チリのアンデス山麓にあるアタカマ砂漠は世界中の天文学者に仰がれる天体観測の聖地。その神秘的な眺めから始まる「光――」は、まるで自然科学の記録映画のよう。

 他方「真珠――」も西パタゴニアの美しい海景から始まり、流麗な水の流れに目がうるおうのを覚える。

 ところが両作品ともなめらかな語り口に導かれるまま、ふと気づくと話はかつての悪名高いピノチェト独裁政権による虐殺と弾圧の故事になり、また先住民制圧の暴力的な歴史が描かれるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る