「世代論の教科書」阪本節郎 原田曜平著

公開日:  更新日:

「団塊世代の歩いたあとは、ペンペン草も生えない」など、世代論が普及しているが、その世代を理解すれば世代間ギャップは超えられる。たとえば、団塊の世代は韓流ブームなど時代の新しい流れをつくってきた。そういう彼らの自負心を評価することで消費を促すことができる。この世代は〈濡れ落ち葉〉卒業が始まっているので、夫の妻に対する〈エスコート消費〉も期待できる。またポパイ・JJ世代は、新しい雑誌や広告を消化しながら新たな消費をつくってきたので、多様な選択肢を用意してチョイスできるようにするといい。世代間ギャップを超えてビジネスにつなげるためのヒントを満載。

(東洋経済新報社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る