「CHRISTMAS クリスマス」光村推古書院編集部編

公開日: 更新日:

 今日はクリスマスイブ。新たに風物詩となったハロウィーンなど、四季折々、和洋さまざまな年中行事があるが、クリスマスはまた別格の感がある。街がクリスマスの飾りつけに彩られていくと華やいだ気持ちになるとともに、一年の終わりが近づきつつあることを感じさせられ、キリスト教徒でなくとも、またこのときを迎えられた安堵、そして新しい年への期待が混じり合った、なんともいえない気持ちになる。

 それは世界の多くの人も同じで、信仰心を持つ人々はなおさらなのだろう。

 本書は、クリスマスの装飾で華やぐ世界各地の街の風景を集めた写真集。ドイツ・ドレスデンの街の広場は、面した建物、四方八方へと延びる路地、そして埋め尽くす露店まで、電飾で輝く。フランクフルトなど、ドイツでは他の街も同様の賑わいで、広場には移動遊園地のメリーゴーラウンドや観覧車まで登場し、祝祭ムードを盛り上げる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  8. 8

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  9. 9

    五輪開催「感染1日100人以下に」都医師会長が返上アシスト

  10. 10

    インドで新たな変異株が!初期変異株より感染力15倍の衝撃

もっと見る

人気キーワード