「CHRISTMAS クリスマス」光村推古書院編集部編

公開日: 更新日:

 今日はクリスマスイブ。新たに風物詩となったハロウィーンなど、四季折々、和洋さまざまな年中行事があるが、クリスマスはまた別格の感がある。街がクリスマスの飾りつけに彩られていくと華やいだ気持ちになるとともに、一年の終わりが近づきつつあることを感じさせられ、キリスト教徒でなくとも、またこのときを迎えられた安堵、そして新しい年への期待が混じり合った、なんともいえない気持ちになる。

 それは世界の多くの人も同じで、信仰心を持つ人々はなおさらなのだろう。

 本書は、クリスマスの装飾で華やぐ世界各地の街の風景を集めた写真集。ドイツ・ドレスデンの街の広場は、面した建物、四方八方へと延びる路地、そして埋め尽くす露店まで、電飾で輝く。フランクフルトなど、ドイツでは他の街も同様の賑わいで、広場には移動遊園地のメリーゴーラウンドや観覧車まで登場し、祝祭ムードを盛り上げる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  5. 5

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  6. 6

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    議事録を残さないのは議論を隠蔽して闇に葬り去るためか

  9. 9

    テラハ問題でも変らない バラエティーの常識は世の非常識

  10. 10

    「東京アラート」は音なし…小池都知事は再選に向け蠢動中

もっと見る