「美しい鳥 ヘンテコな鳥」川上和人監修・執筆

公開日: 更新日:

 世界各地の美鳥・珍鳥を集めた写真集。

 表紙の鳥は、アフリカ南部に生息する「ミナミゴシキタイヨウチョウ」。紙面では分かりづらいかも知れないが、その名の通り、上半身はコバルトブルーとグリーン、胸は紫がかった濃いブルーのライン飾りを境目にして鮮やかな赤に切り替わり、羽は茶色、下半身は羽と同系色のピンクがかった茶色と、極彩色で着飾っている。さらに、それらの色全てがメタリックに輝いているのだ。この金属色は羽毛表面の光の反射によって生み出される「構造色」だそうだ。

 ため息をつきながらページを開くと、真っ白で丸いぽやぽやの羽毛の塊に黒い目と嘴がちょこんとついた「シロアジサシ」のヒナが何か言いたそうにこちらを見つめている。

 コピーのように添えられた紹介文のタイトル「威嚇しても可愛いだけだぞ」に、思わずにやりとしてしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

  10. 10

    習近平はヒトラーになるのか 中国の自信はファシズムの萌芽

もっと見る

人気キーワード