「美しい鳥 ヘンテコな鳥」川上和人監修・執筆

公開日: 更新日:

 世界各地の美鳥・珍鳥を集めた写真集。

 表紙の鳥は、アフリカ南部に生息する「ミナミゴシキタイヨウチョウ」。紙面では分かりづらいかも知れないが、その名の通り、上半身はコバルトブルーとグリーン、胸は紫がかった濃いブルーのライン飾りを境目にして鮮やかな赤に切り替わり、羽は茶色、下半身は羽と同系色のピンクがかった茶色と、極彩色で着飾っている。さらに、それらの色全てがメタリックに輝いているのだ。この金属色は羽毛表面の光の反射によって生み出される「構造色」だそうだ。

 ため息をつきながらページを開くと、真っ白で丸いぽやぽやの羽毛の塊に黒い目と嘴がちょこんとついた「シロアジサシ」のヒナが何か言いたそうにこちらを見つめている。

 コピーのように添えられた紹介文のタイトル「威嚇しても可愛いだけだぞ」に、思わずにやりとしてしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  6. 6

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  7. 7

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  8. 8

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  9. 9

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

  10. 10

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

もっと見る