「一流」と呼ばれた人の必読本特集

公開日:  更新日:

「超一流は、なぜ、デスクがキレイなのか?」千田琢哉著 

「一流の人」は「普通の人」と比べて、どこがどう違うのか。そもそも何をもって「一流」と定義するかは人それぞれだが……。ともあれ二流・三流と呼ばれることに忸怩たる思いを抱いている人、一流と呼ばれたくて日々頑張っている人にうってつけの本があるので紹介する。一流の一流たるゆえんを教えてくれるはずだ。

 オフィスに必ずひとりはいる。机の上に雑然とモノを積み上げ、今にも隣席へ雪崩を起こしそうなやつが。整理整頓できず、モノに埋もれて仕事をしているやつが。

 もはや魔窟の主と化したやからにぜひ読ませたい本がある。「超一流は、なぜ、デスクがキレイなのか?」(千田琢哉著 総合法令出版 1200円+税)だ。

 片付けられない人間にとっては、かなり耳の痛い文言が並ぶ。「モノが多い=モノに依存していて、自分に自信がない証拠」「机の上が汚い人はたいてい仕事ができない」「片付けられない人は親離れできていない」と鋭く手厳しく指摘。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る