【ヒラリーと大統領選】ここにきて対抗馬サンダースに押され気味のヒラリー。一体、彼女に何があった?

公開日: 更新日:

「ヒラリー・クリントン運命の大統領」越智道雄著

 ヒラリーは「好き」と「嫌い」がはっきり分かれるタイプ。ヒラリー論も、著者がヒラリーびいきか反ヒラリーかに分かれる。本書は明らかに前者。

 英米文化論を得意とする著者によれば、ヒラリーは工場主の父に「息子」として鍛え抜かれた。小中学校時代は教師たちが彼女を奪い合うほど際立った存在で、名門の娘ばかりの有名女子大では、見劣りする育ちに内心悩みながらも、抜群の頭脳と強心臓で古いしきたりを打破。級友たちに「未来の女性大統領」を予感させたほどだという。

 結婚はまさに野心家同士の運命の絆。「きみと恋に落ちるのはこわい。きみは大物だから何にでもなれる」と口にしたビルは、ヒラリーにとって女であるがゆえの壁を打ち破って上を目指すための「分身」だったのだ。ビルの女癖の悪さも著者は、ヒラリーが仕事魔の分だけ「性的に淡泊」で、「ビルはセックスメートを他に求めざるを得なかった」とあっさり片付ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  5. 5

    マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    大谷の打撃をエ軍首脳陣“放任”へ 凡打での助言が今季激減

  8. 8

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  9. 9

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  10. 10

    スカウト部長は佐々木絶賛も…巨人ドラ1逡巡に原監督の影

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る