【ヒラリーと大統領選】ここにきて対抗馬サンダースに押され気味のヒラリー。一体、彼女に何があった?

公開日: 更新日:

「ヒラリー・クリントン運命の大統領」越智道雄著

 ヒラリーは「好き」と「嫌い」がはっきり分かれるタイプ。ヒラリー論も、著者がヒラリーびいきか反ヒラリーかに分かれる。本書は明らかに前者。

 英米文化論を得意とする著者によれば、ヒラリーは工場主の父に「息子」として鍛え抜かれた。小中学校時代は教師たちが彼女を奪い合うほど際立った存在で、名門の娘ばかりの有名女子大では、見劣りする育ちに内心悩みながらも、抜群の頭脳と強心臓で古いしきたりを打破。級友たちに「未来の女性大統領」を予感させたほどだという。

 結婚はまさに野心家同士の運命の絆。「きみと恋に落ちるのはこわい。きみは大物だから何にでもなれる」と口にしたビルは、ヒラリーにとって女であるがゆえの壁を打ち破って上を目指すための「分身」だったのだ。ビルの女癖の悪さも著者は、ヒラリーが仕事魔の分だけ「性的に淡泊」で、「ビルはセックスメートを他に求めざるを得なかった」とあっさり片付ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  3. 3

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    フリーアナ古瀬絵理さんが酔うと…捕獲された宇宙人に?

  8. 8

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  9. 9

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  10. 10

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

もっと見る