• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【ヒラリーと大統領選】ここにきて対抗馬サンダースに押され気味のヒラリー。一体、彼女に何があった?

「ヒラリー・クリントン運命の大統領」越智道雄著

 ヒラリーは「好き」と「嫌い」がはっきり分かれるタイプ。ヒラリー論も、著者がヒラリーびいきか反ヒラリーかに分かれる。本書は明らかに前者。

 英米文化論を得意とする著者によれば、ヒラリーは工場主の父に「息子」として鍛え抜かれた。小中学校時代は教師たちが彼女を奪い合うほど際立った存在で、名門の娘ばかりの有名女子大では、見劣りする育ちに内心悩みながらも、抜群の頭脳と強心臓で古いしきたりを打破。級友たちに「未来の女性大統領」を予感させたほどだという。

 結婚はまさに野心家同士の運命の絆。「きみと恋に落ちるのはこわい。きみは大物だから何にでもなれる」と口にしたビルは、ヒラリーにとって女であるがゆえの壁を打ち破って上を目指すための「分身」だったのだ。ビルの女癖の悪さも著者は、ヒラリーが仕事魔の分だけ「性的に淡泊」で、「ビルはセックスメートを他に求めざるを得なかった」とあっさり片付ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  7. 7

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る