「老人と猫」ニルス・ウッデンベリ著、アーネ・グスタフソン画、富原まさ江訳

公開日: 更新日:

 ある日、著者は灰色がかった茶色のしま模様の小さな猫が物置にすみついているのに気づいた。旅行で留守にすることが多いため、飼うのは無理だと思ったが、引き取ってくれるところがないのでキティと名づけて飼うことに。

 雪の降る日は憂鬱だったが、キティのコミカルな動きを見ていると笑わずにいられない。ところが、イースターのころ、キティが帰ってこなかった。なぜいなくなったのだろう。時々我が家を訪れる犬がいやだったのか? この家での暮らしが窮屈だったのか? しかたなく飼い始めたのに、いつの間にか猫の心理を考えるようになった。

 スウェーデンの心理学教授が書いたエッセー。(エクスナレッジ 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  7. 7

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  8. 8

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  9. 9

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  10. 10

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

もっと見る

人気キーワード