• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「老人と猫」ニルス・ウッデンベリ著、アーネ・グスタフソン画、富原まさ江訳

 ある日、著者は灰色がかった茶色のしま模様の小さな猫が物置にすみついているのに気づいた。旅行で留守にすることが多いため、飼うのは無理だと思ったが、引き取ってくれるところがないのでキティと名づけて飼うことに。

 雪の降る日は憂鬱だったが、キティのコミカルな動きを見ていると笑わずにいられない。ところが、イースターのころ、キティが帰ってこなかった。なぜいなくなったのだろう。時々我が家を訪れる犬がいやだったのか? この家での暮らしが窮屈だったのか? しかたなく飼い始めたのに、いつの間にか猫の心理を考えるようになった。

 スウェーデンの心理学教授が書いたエッセー。(エクスナレッジ 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  4. 4

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 5

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  6. 6

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る