「老人と猫」ニルス・ウッデンベリ著、アーネ・グスタフソン画、富原まさ江訳

公開日: 更新日:

 ある日、著者は灰色がかった茶色のしま模様の小さな猫が物置にすみついているのに気づいた。旅行で留守にすることが多いため、飼うのは無理だと思ったが、引き取ってくれるところがないのでキティと名づけて飼うことに。

 雪の降る日は憂鬱だったが、キティのコミカルな動きを見ていると笑わずにいられない。ところが、イースターのころ、キティが帰ってこなかった。なぜいなくなったのだろう。時々我が家を訪れる犬がいやだったのか? この家での暮らしが窮屈だったのか? しかたなく飼い始めたのに、いつの間にか猫の心理を考えるようになった。

 スウェーデンの心理学教授が書いたエッセー。(エクスナレッジ 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  2. 2

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  3. 3

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  4. 4

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  5. 5

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  6. 6

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  7. 7

    「プライムニュース」1年で終了 フジ"夜の顔"にミタパン

  8. 8

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  9. 9

    朝ドラ「まんぷく」絶好調で 安藤サクラはCM出演料が2倍に

  10. 10

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

もっと見る