アメリカ大統領選を巡る「スクープ偽証疑惑」の真相

公開日:  更新日:

 現在公開中のアメリカ映画「ニュースの真相」は、2004年当時、ブッシュ大統領の軍歴詐称疑惑をスクープしたニュース番組に偽証の疑いがかけられ、「21世紀最大のメディア不祥事」と呼ばれた事件の真相を描いている。

 この映画のもとになっているのが、メアリー・メイプス著、稲垣みどり訳「大統領の疑惑」(キノブックス 2200円+税)。著者は元CBSニュースのベテランプロデューサーで、当のスクープ偽証の矢面に立たされた本人である。

 大統領選を間近に控えた2004年9月8日、人気報道番組「60ミニッツⅡ」が、再選を狙うブッシュ大統領の軍歴詐称疑惑を報じた。ジョージ・W・ブッシュはベトナム戦争当時、パイロットの基本義務である健康診断の受診を拒否したり、理由なしにポストを1年間離れるなど、無名の兵士であれば罰則の対象となる行動を繰り返し、まるで兵役逃れの様相を呈していたという。

「60ミニッツⅡ」では、ブッシュの当時の上官であり、亡くなったキリアン中佐の文書を公開。それは当時のブッシュの行動を証明し、事実とは異なる“よい報告書”を書くよう上層部から圧力をかけられたことなどを伝える内容だった。著者らはキリアンの上官への取材や複数の文書アナリストへの鑑定依頼で、情報を精査して報道していた。

 ところが、報道の翌日から事態は急変する。極右のウェブサイトが文書は偽物だと主張し、フォントや文字間隔が当時のタイプライターでは打てないものだという論説を掲載。それはネット内で瞬く間にリンクされ、保守派のブロガーを中心に「60ミニッツⅡ」に対する大批判が起こった。事態は単なるネットの騒ぎに収まらず、著者が取材した人物が突然情報を取り下げるなど、異常な事態となっていった。

 結果、著者は仕事を失い、ブッシュは再選を果たしている。果たして真実はどこにあったのか。2016年のアメリカ大統領選を前に、ぜひ読んでおきたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る